産毛の役割について

顔に生える産毛には固有の役割があります。このうぶ毛には、外気の影響による寒さや風などから顔を保護する役割を担っているのです。又、このうぶ毛はお肌を刺激から守る働きもあり、お肌の老化を妨げる効果があります。更に、産毛の生え変わる時に、体内の老廃物が外へ排出されるために、老廃物代謝の重要な機能を担うものでもあるのです。
そして、このうぶ毛が顔に生えていることで、紫外線からダメージを受けにくくなります。産毛がない場合は、紫外線の影響を直接受けてしまい、極度に日焼けをしてしまったり、お肌が過度に乾燥して潤いを保つことが非常に困難になるのです。
このような様々な理由から、本来顔に産毛はあった方が良いものなのですが、現在でははスキンケアの技術も進み、お肌の保護も十分に行われていますので、顔の産毛が濃く目立つようであれば、顔脱毛で処理する事が美容面において重要な要素になります。
これまで顔のうぶ毛にはシェービングでしか対応できない事が多くありました。これは脱毛サロンで使われている脱毛機器は、色素に反応し、熱で毛母細胞を破壊するためです。そのため、むだ毛は黒く太い状態である必要があり、この状態ならば顔脱毛も成功しやすくなりますが、毛が細い場合は顔脱毛が難しくなり、うぶ毛の場合は効果的に処理する事が困難だったのです。
しかし、現在では顔脱毛を行うサロンでは、顔脱毛に専用のマシンを用いて光の周波数を変え、専門的な施術を行っているために、効果的にうぶ毛も処理する事ができるようになっているのです。