毛抜きによる鼻下の自己処理はNG?

化粧のりは、顔の産毛やムダ毛をいかに綺麗に脱毛処理しているかで決まると言えるでしょう。特に頬、口周り、瞼、鼻の下などが綺麗に脱毛されていると、化粧のりも良く垢抜けた印象になるものなのです。こうした顔脱毛を自宅で行う場合、ピンセット(毛抜き)を用いて行われることが多いものです。毛抜きで顔脱毛するのが一番お金がかからず、手っ取り早いといったメリットがあります。また気になる無駄毛をピンポイントで脱毛でき、細部にまで綺麗に脱毛できるのが魅力だとも言えます。しかし手軽で費用が安くつく反面、毛抜きでの顔脱毛はデメリットもあるのです。それは無駄毛を毛抜きで力ずくで抜くために、肌や毛穴に過剰な負荷がかかり、ダメージを与えることになるのです。抜いた後は毛穴が開き、肌のきめが乱れることになるのです。また毛抜きを誤った使い方で顔脱毛すると、毛穴から出血が起こることになり、肌に黒ずみの跡が残ることがあるのです。肌のダメージを考えると、毛抜きでの顔脱毛はリスクが多いということは間違いありません。肌への負担を考慮するのであれば、脱毛クリームを用いたほうが肌に優しいと言えるでしょう。しかし脱毛クリームも敏感肌の人には炎症が起き合わない場合があるので、必ず腕の内側など目立たない箇所でパッチテストしてから用いることが大事なのです。最も肌負担が少なく、綺麗に顔脱毛したいなら、やはりエステティックサロンの光脱毛を行うのが賢明です。